建築家と造る

『理想の家』を形にするのは実はとても大変です。いろいろな知識と経験が必要で、しかもやり直しがききません。
アトリエ建築家は暮らしへのこだわりをお聞きして、広がりを演出するような空間構成や、光と風の取り込み方など、土地を最大限に生かす工夫をしながら、最適な住宅をデザインしていきます。

 

建築家だから出せる付加価値

美しいデザイン

スタイリッシュな外観や、ディテールの演出

美しい佇まい
建築家と聞いて思い浮かぶのが、デザインセンスではないでしょうか。
ハウスメーカーや一般の建築士では叶わなかったデザインがご家族のマイホームに。
ずっと住み続けるものだから、流行に左右されない洗練された「佇まい」をお届けいたします。
施工事例
見た目だけではなく、後から変えられない「地盤・設計・性能」を最重要とし、高性能で資産価値の続く家を設計するべきと考えています。

また、建築家の設計は高額なのでは?と心配される方もいらっしゃると思います。
しかし、空間を広く見せる設計で実際の面積をコンパクトに、構造のバランスで高額な材料コストを抑えるなど、質の高い家をお得に提案できるのも建築家の強みなのです。

生活のデザイン

建物だけではなく、ご家族の理想となるライフスタイルを形に

暮らしを描く
マイホームへの夢、ご夫婦の趣味や、子どもと過ごす時間などを思い浮かべてください。
将来も見据えた家族の成長を、深くイメージして最適なプランを描くための大切なステップです。
一般的な家づくりは「リビングは何帖必要ですか?」「和室はいる?」「子供部屋はいくつ必要ですか?」というヒアリングをしていくでしょう。たしかに、こういったヒアリングによって間取りは作れます。建築家は、これから出来上がる住まいでどう過ごしたいのか、家族の趣味や休日の楽しみ方、家族の成長の話などを聞きながらデザインします。

限られた予算の中でどれだけお客様の理想のライフスタイルを叶えていくか、住まいへの夢を取り入れつつ、どのように予算の範囲におさめていくのか。
それを考えるのが、住まいを作るプロ「建築家」なのです。
イメージ
Passive design自然の力を利用した住環境づくり
季節ごとのイメージ
ヒアリングや敷地調査結果をもとに、実際以上の広がりを演出する空間構成、光と風の取り込み方、建築家が様々な工夫であなたに最適な住まいを土地に合わせてデザインしていきます。
建築家の腕
狭い土地や変形地でもお任せください。
土地のパフォーマンスを最大限に活かすのが得意です。
建築家のプランニング作業
建築家のプランニング作業
建築家の腕
たとえば、同じ30坪でも建築家が設計すると広く感じる。
本当に必要なのは広い家ではなく、広いと感じる空間づくり。
わくわくするプレゼン
世界にたった一つの“我が家”とご対面。
ご家族ひとりひとりの生活を入れ込んだ設計に、みんなの顔がキラキラと輝きます。
平面図では読みきれない細かい動線や視線の抜け方、住まいでの暮らし方のご提案。
見た目の美しさへのこだわりはもちろん、リビングと庭のつながりやご家族の成長を考えた可変性ある間取り、隣家への日当たりや窓の配慮など、細部まで考え抜かれたプランに感動のひととき。
家づくりでもっとも心弾む瞬間でもあります。
自分の希望がどのように形となっていくのか、建築家ならではの豊かな表現力にご期待ください。
イメージ
イメージ

性能のデザイン

高気密・高断熱の特徴を活かし、長期優良住宅を大きく上回る性能を実現

家族の思い出を刻む高性能住宅
デザインが自分好みでも、コストが抑えられても、夏暑く冬は寒い、長持ちしない、地震に弱い家では快適な生活はできません。家族の思い出を刻む住まいだからこそ、長く快適に住める住まいにしたい。
長期優良住宅の性能基準を大きく上回る家で、家族の思いを叶えます。
長期優良住宅の基準をはるかに超える、燃費のいい家
オリジナル高性能断熱パネルで
夏涼しく、冬暖かい家
家には燃費のいい家と悪い家があります。家の燃費とは「冷暖房などのランニングコスト」です。住宅費用は「住宅ローンなどの購入費用」と「冷暖房などのランニングコスト」を合わせたものです。
10年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは充分な性能ではないと考えています。
オリジナルの「R+パネル」や高性能の窓サッシを使用することによって長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現し、非常に燃費の良い快適・エコな住宅を追求しています。
長期優良住宅チェック項目
1. 耐震性
極めて稀な大地震後も簡単に改修でき、継続利用できるような損傷レベルの低減を図る
2. 劣化対策
住宅の構造躯体が数世代にわたって使用できるよう、通常の維持管理条件下で少なくとも100年程度使い続けられるような 構造躯体点検のための床下空間や点検口なども設置
3. 維持管理・更新の容易性
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備の維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行えるようにする
4. 省エネルギー性
現行の省エネルギー法に適合し、必要な断熱性能などの省エネルギー性能を確保する
5. 維持保全計画
将来を見据えて定期的な点検・補修に関する計画を策定する
6. 居住環境・住戸面積
良好な居住水準を確保するために必要な面積を確保する
構造専門の建築士とR+パネルで地震に強い家
構造専門の設計士が
耐震性をチェック
建築家とは別に構造専門の設計士が耐震性をチェックしています。
結露を防いだ耐久性の高い木造住宅
耐久性の高い木造住宅
木を腐らせる原因となる結露を防ぎ、耐久性の高い木造住宅を実現しています。
一生に一度の夢のマイホーム。
「できれば、建築家に頼んでセンスのいい住宅にしたいけど…」
でも「建築家とつくるデザイナーズ住宅は高いから無理」と思っていませんか?
木のんホームでは お客様に事前に、ご希望を整理していただくことで、本当に必要な回数に絞って打ち合わせを行います。
だから建築家の設計費を抑えられるのです。
事前にご希望をまとめていただくことで建築家にしっかりとご希望が伝えることで、お客様のご希望が反映された住宅になるのです。